キレイモでは脱毛する前に事前処理をする必要がある理由

脱毛でキレイになる
脱毛をする際にムダ毛はそのままで施術できるサロンと、事前処理を行ってから脱毛できるサロンがあります。
キレイモは施術の2日前または前日に事前処理を指示されます。
キレイモは基本的に全身脱毛になるので、処理が大変かと思いますが、プランによって調整する必要があります。

なぜ事前処理が必要か

光脱毛は黒い色に反応して熱を与えるものです。
ムダ毛が長いと余計な箇所まで反応してしまい、キレイモの脱毛効果を下げてしまったり、火傷の原因となります。
また色素沈着や日焼けなども同様で、施術が受けられないのは、このような理由と言われています。
しかし、事前処理をしていなくても、キレイモでは施術ができないわけではなく、施術前に1000円を支払うことで、プロがシェービングをしてくれます。
背中やVIOラインなど、心配な方には事前処理を頼む方が安全と言えます。

回数制はシェービング

キレイモでは事前処理を言われますが、回数制は施術前にシェービングを頼むのは無料となります。
1000円かかるのは、月額制となりますので注意が必要となります。
自分で処理をすると、埋没毛や炎症などを起こす危険性が高いと感じましたら、脱毛サロンで処理をしてもらうのも一つの手です。

自己処理はどんな器具を使えばいい?

比較的安全なものは、電気シェーバーです。
お風呂でなくても使用可能なものが多いので、体を冷やさず簡単に除毛でき、肌にも優しくておすすめです。
ムダ毛の正しいお手入れを身に付けることで、脱毛に行く前の自己処理を安全に行うことができます。
※毛抜きやクリーム、カミソリなどは肌を傷める原因となります。
毛の深い部分などは慎重にしなくてはいけないので、処理の仕方を正しく覚えておくと、脱毛の際にスムーズです。

どこまで処理をすればいいのか

基本的に、目立たないくらいに処理をするといいとされていますが、十分な脱毛効果を得るためにも2ミリメートルほどの長さまでする必要があります。

キレイモの無料シェービングでは、事前処理をせずにサロンで丁寧に処理をしてくれます。
月額制の場合には、処理をしておくことで、安心して脱毛ができます。

脱毛をサロンやクリニックに任せる必要性がわかる話

ムダ毛処理をさぼったおかげで大恥をかきました

腋毛を友達と店員に見られた女性ムダ毛の処理って面倒ですよね。
冬の間は洋服のおかげで見える部分が少なくなるのでいいのですが、薄着になる夏となるともう嫌になってしまいます。
私は特に毛が濃いほうではないと思っているのですが、それでもやっぱり毎日お手入れをしないと何となく不安になります。
仕事から帰ってゆっくりしたいのにムダ毛の処理をしなければならないなんて何だかバカらしく思うこともしばしばで、ときどき処理をさぼることもありました。
だから多くの女性が脱毛サロンに通う理由はとてもよくわかります。
でも費用の面でちょっと私は無理かなと思っていましたが、ある「事件」がきっかけでサロンへ行くことを検討するようになりました。
その事件とは、学生時代の友人たち数人と久しぶりに会ったときのことです。
昼間におしゃれなイタリアンレストランで食事を楽しんだ私たちはその後ウインドウショッピングをして、夕方から飲みに出掛けました。
昔から親しい私たちはまるで女子会のように盛り上がり、気兼ねなくおしゃべりを楽しんでいました。
お店はこじゃれた居酒屋で私たちは半個室へ通されたのですが、お酒の飲んでテンションが上がっておしゃべりに夢中になっていたせいかなんだか熱く感じてきました。
それで着ていたジャケットを一枚脱ごうとしたのですが、そのときちょうど店員さんが追加注文したビールを持ってきました。
私はそのままジャケットを脱いでビールを受け取ったのですが、その時何となく不穏な雰囲気を感じたんです。
すると、店員さんが出ていくやいなや友だちの一人がいきなり笑い出しました。
どうしたのかと尋ねると、私のワキからムダ毛が延びていてそれに店員さんが気づいたというのです。
そして店員さんは気づかないふりをしていたけれどもワキ毛を見た瞬間の顔が面白かったので笑ってしまったらしいんです。
私は恥ずかしさで顔から火が出る思いでした。
友だちは別に知っている人じゃないから気にすることはないと言ってくれましたが、お会計の際にはずっと下を向いていました。
次の日、私はインターネットで脱毛サロンを探してさっそく申し込みをしました。

自分では見えなくても他人からは見えている

背中のきれいな女性ほとんどの女性はムダ毛処理をしています。
やはり腕や脚のムダ毛が目立つようではカッコ悪いですからね。
またそんな他人から見える部分だけでなく、デリケートゾーンなどの処理をしている人もたくさんいます。
そんなムダ毛処理ですが、自分自身で行なうなら毛抜きで抜いたりシェーバーやカミソリで剃ったり、脱毛剤を使ったりとその方法はさまざまです。
自分でやるのは面倒くさいからと脱毛サロンに行く人も少なくありません。
脱毛サロンで多いのはやはりワキや腕、脚といった他人から見える部分です。
それ以外は自分で処理という人が多いのではないでしょうか。
このように日ごろからムダ毛の処理をしっかり行っているつもりの人でも、案外忘れがちなのが「背中」です。
もちろん背中にぼうぼうの毛が生えたりはしません。
せいぜい産毛といったところなのであまり目立ちませんし、自分で見えないので気づきにくいのも確かです。
さらに自己処理をするといってもなかなか難しいですよね。
そんなことから放っておかれがちなだけに、やはり気遣いをしてもらいたいものです。
確かに普段は洋服を着ているので見えないでしょう。
けれども友だちの結婚式などに出席するといったときに背中が大きく開いた服を着ることもあるでしょう。
そんな時にはしっかりと見えてしまいますし、海水浴やプールに行って水着になった時も同様です。
彼氏といい雰囲気になって裸になった際にも見られてしまいます。
普段はまったく気にならない、見えない部分だからこそ、そういったおしゃれに決めるべき時に手入れがなされているべきなのです。
せっかくきれいに着飾っていても、背中の産毛が目立つなんて魅力半減です。
同性はもちろん、男性もそういった点を結構見ているものですよ。
油断大敵、普段からきちんと処理をしておくように気をつけましょう。